上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

csgo

今回の大会で売られているステッカーについての記事です

現状のマーケットについての考察記事書きました(2016/7/9記載).どう考えるかは自由ですが先に見ておいた方が良いかもしれません.

今回の大会のステッカーをまとめると

○ チームのステッカー
  • Normal
  • Foil(Legends)
  • Foil(Challenger)
  • ESLステッカー(Foilは上2つのどちらにも含まれている)
○サイン入りステッカー
  • Normal
  • Foil(GroupA)
  • Foil(GroupB)
  • Foil(GroupC)
  • Foil(GroupD)
○各グループ5人のうちの一人のサインステッカーが入っている袋
  • Normal

上記のNormal系は全て30円、Foil系は全て180円である。

という具合になる。



現時刻(2015/8/23/18:34)時点で既に各ステッカーが75%off(Foilは70%off)で売られている。

毎年恒例の”限定ステッカー”なのでこの時にしか購入ができないため、値上がりは必然であると考えられるが、どのステッカーをどれだけ買えば比較的安定して儲けられるか。

今回の場合、新たに登場した「サイン入りステッカー」もあるため、資金が5k~15kの場合どれを買い溜めるか非常に悩むのが現状である。

幸いなことに最も利益の悪いステッカーを買ってしまった場合でも、マイナスになる場合は殆ど無いが儲けの幅が変わってくるのは事実である

そこで以下に各ステッカーを買い溜めた場合のメリットとデメリットを書いておく。



まず、NormalとFoil、その後に各ステッカーのメリットとデメリットを書いていく。


Normalステッカー
メリット
  • 安価で買える
  • 価格変動が比較的安定する
  • 当たりステッカーを買っていると利益が100~150円/1枚になる時も・・!!
  • 1枚あたりの損失が少ない
デメリット
  • 1枚あたりの利益が少ない
  • 値上がりまでに時間が掛かる(参考:Dreamhack2014→3ヶ月、ESLkatowice2015→4ヶ月)
  • ↑の理由にもなるが、安価で買えるため、同業者が多い
  • Steamインベントリを圧迫する(邪魔)
  • 大量買すると売る作業が面倒くさい
  • ハズレステッカー(人気がなくあまり値上がりしなかったステッカー)を持つと利益が大幅に下る

Foilステッカー
メリット
  • 1枚あたりの利益が大きい
  • 希少アイテムになり易い
  • 同業者が比較的少ない
  • 大量買をする必要性が比較的低いため、Steamインベントリがステッカーまみれになりにくい
デメリット
  • ステッカーによって値段差が激しい
  • 1枚あたりの損失額が大きくなる可能性あり
  • 大抵の人はNormalステッカーで満足するので売買が少ない
  • CSGO公式から買う場合はカプセルでしか販売していない


ここからはステッカー別

チームのステッカー
メリット
  • 今まで続いてきたステッカーなので安全性が高い
  • Fnatic、Virtus.pro、Titan、Naviなどの定番ステッカーが買える
  • Normalは確実に30円で買える
  • 有名所のステッカーを買うことによりある程度の利益を確実に確保できる
  • 人気スキンの色に合わせやすい色が値上がり易いので、値上がるステッカーが予想しやすい
デメリット
  • 1枚ずつしか購入できない
  • チームロゴがダサい場合値上がりが遅い
  • ステッカー全体のデザインが悪いと全体の価格が下がる恐れがある
  • まとめ買いする場合はマーケットプレイスで原価+7円ぐらいで買うハメになる
  • CSGO公式から1枚ずつ買いまくるとエラーで買えなくなる(筆者実体験)

サイン入りステッカー
メリット
  • 一攫千金を狙える可能性がある
  • 今回が初めての企画なので希少価値になる可能性が高い
  • 上手いプレイヤーのステッカーが人気になると簡単に予想できる
デメリット
  • 価格変動が過去から予測できないため未知数(チートによるVACや引退、チーム変更によりレアになる可能性も無きにしもあらず)
  • 人数が多いためまとめ売りができず、面倒くさい
  • 公式から買う場合、パッケージを開封しなければならない
  • CSGOのプレイヤーをある程度把握している必要がある
  • 次回以降にもサイン入りステッカーが出る場合、次の大会までに売り捌かなければ値下がりする恐れあり(希少価値が薄まるため)

サインが入っている袋/各種カプセル系
メリット
  • CSGO公式でまとめ買いができる
  • 人気プレイヤーが多いチームのパックを買っておくと値下がりにくいと考えられる
  • 同業者が比較的少ないと思われる
  • サインやチームステッカーと比べると種類が少なく売りやすい
  • 最悪の場合でもパックを開けるという楽しみを味わうことも可能
デメリット
  • 中身がマーケットプレイスで販売されているので買い手が少ない可能性あり(ESL2015katowiceの場合「FnaticNormalステッカー:ESLカプセル=7:1」の割合で売れていた)
  • 楽に買えるため同業者が多い
  • 「最悪の場合でもパックを開けるという楽しみを味わうことも可能」と書いたがそこでハズレが出てしまうとより値段が下がる恐れあり
  • 値段の上がり幅が狭い(ESL2015katowiceを見てきたところ一時期1000円にまで跳ね上がっていたが約10コ程度しか売れていなかったため今回の考えでは上がり幅に含めなかった)


以上がステッカーに関してのメリット・デメリットです。


まとめ

この記事書いちゃったけどこれ以上同業者が個人的には増えてほしくない。不安だと思ったらやめましょう^q^

参考になったら拍手ぐらいしていけ



気が向いたらもっと具体的な記事かくかも


コメント

    コメントの投稿(本文のみの投稿も可能)

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。