上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

deadrising2.jpg

今回は私がGMGにて購入したDEADRISING2を起動しようとした所、「xlive.dll」がないため起動出来ません。

と、言われてしまったのでそれについての解決方法について載せたいと思います。

最近「xxxxx.dll.exe」(xxxxxは仮のファイル名)という紛らわしいファイルを配布しているサイトが出てきました。恐らく中身は何かの悪質な?インストーラーなのでちゃんと公式から落とすようにしましょう。

悪質かは落としたことが無いので分かりませんが、こんなに紛らわしいことをしてくるということは、何かしらあるのでしょう。

とりあえずSteamにシリアルキーを入力してDL開始。

そしてDLが無事に終わり起動しようとしたら、初回セットアップが終わったっきり何事もなかったかのようになる。

何のエラーが起きてるかわからないので、とりあえずSteamAppファイルの中にあるexeをそのまま起動。すると

xlive_error.png

こうなるんですよね。


起動しない時の対処法

Steamでゲームキャッシュの整合性を確認...を行う

  1. Steamのライブラリにあるタイトルを右クリック
  2. プロパティをクリック
  3. ローカルファイルタブからゲームキャッシュの整合性を確認をクリック
  4. チェックが終わり次第ゲームを起動する

マイクロソフトの公式サイトに行き「xlive.dll」をDLしてくる

  1. ここからGames for Windows Software SetupをDLする。
  2. gfwlivesetup.exeがDLファイルにあるので起動する
  3. 指示に従いインストールを進める
  4. インストールすると下の画面のようになるので閉じるをクリック(xlive.dllが欲しいだけなので起動する必要なし。)
  5. gfwlivesetup_exe_install.png


  6. これで「xlive.dll」がインストールされたはずなのでSteamのライブラリから起動。

OSがWindowsVista,7の場合サウンドのサンプルレートを変更する

  1. スタートからコントロールパネルを開く
  2. サウンドを開き自分が今使っているスピーカーを右クリック(表示方法がカテゴリの場合、ハードウェアとサウンドを開く)
  3. プロパティを開き、詳細タブをクリック
  4. 既定の形式を「24ビット、48000Hz(スタジオの音質)に変更する

以上の3つが対策法でした。




[xlive.dll」が本当にあるかの確認方法

アドレスたどってください

「C:\Windows\SysWOW64\」 の中にあるはずです。

面倒くさい方は「Everything」というファイル検索ソフトの導入をオススメします。

探したいファイル名を入力すると瞬間で出てきてくれるので非常に便利です。

Everythingをダウンロードする。



コメント

    コメントの投稿(本文のみの投稿も可能)

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。